ページの先頭へ

カクヒトは、キャンパスノートを生活の一部として大切に使ってくださっている方に皆様にインタビューし、使い方や書くことへのこだわりをご紹介しています。

株式会社 辺本代表取締役 辺本 哲史さん

誇り高きジーンズのレシピとキャンパスノート

今回のカクヒトの舞台は岡山県井原市です。江戸時代から綿花の栽培が盛んで、厚地織物をつくる技術で栄えたこの地域に、ジーンズ生産が根付いたのは昭和30年代に入った頃のこと。一時は日本で売られるジーンズの70%以上が井原産だといわれた時代がありましたが、時は流れ、現在は海外から入ってくる激安ジーンズのあおりを受けて、多くの生産者が苦戦を強いられています。そのような中、「メード・イン・ジャパンの価値」にとことんこだわることで逆風に挑む会社があります。今回は、ファン垂涎のこだわりジーンズづくりを支えている秘密のノートを、特別に見せていただきました。

株式会社 辺本(なべもと)
代表取締役 辺本 哲史さん

糸染めや原反加工を行う会社として1953年に創業。現在は、デニムの染色・洗い加工を専門に手がける。アパレルメーカーが主な顧客。また、加工後の検針、検品、梱包も一貫して自社で行うため、メーカーは受け取った製品をそのまま販売できる点も強み。染色・加工の技術の高さは海外で活躍するデザイナーにも注目されている。

御社のホームページを拝見すると、「日本では珍しい染工場から創業した洗い屋です」とありました。

創業当初は糸染めの仕事をしていたんですよ。この辺りはもともと良質な水が湧き出る場所でしてね。染色は水が大事ですから。昭和45年頃から、縫製されたものの染色、洗い加工に特化しています。私で3代目になります。

染色・洗い加工というのは具体的に言うと?

まずインディゴの染料で生地を染めることですね。実は、日本に最初にジーンズが入ってきた頃は染色だけでよかったんですよ。1970年代から「加工」というのがでてきました。

ケミカル的な加工が流行ったり、ストーンウォッシュといって部分的に擦れた感じが流行ったり、ヴィンテージっぽさを出したものがよく売れたり、その時々の流行に応じて生地に加工をしていくわけです。

確かに。新品として売っているジーンズがすでにボロボロに見えるときが・・・。

そうでしょ。引っかいたり、わざと色を落としたり。それが「洗い加工」です。

お客様はアパレルメーカーさんということになりますか?

そうですね。地場の縫製工場から来るものもありますが、アパレルメーカーが大半です。今は数十社ほどお取引をいただいています。

お客様からの注文はどのような形で来るのでしょうか?

いろいろです。見本を示してこられる会社もあれば、口頭で言われるところもある。こちらから、「こういった加工ができますが」と提案をする場合もあります。メーカーによって欲しい色、欲しい加工は少しずつ違います。

社長が考案した加工もあるのでしょうか?

あるかもしれませんね。ただ、ファッションの世界は回転が速いから、半年もすれば流行が変わっていってしまいます。特許申請をしている時間はありませんので、実際は分からないですね。

7~8年前からでしょうか、びっくりするほど安いジーンズが巷に出回るようになりました。

だいぶ影響を受けているのは事実です。ただ、そういった安い製品とは一線を画すと決めています。それは私たちでなくても誰かがやればいいこと。一方で、世界中には「メード・イン・ジャパンの価値」を認めてくださる人がまだまだたくさんいます。そういう人たちに届けるものを作りたいと思っていますね。

「メード・イン・ジャパンの価値」とは具体的には何でしょうか?

具体的にコレがすごい、と言えないのが価値だと思っているんですよ。すなわち、これでもかと思うほど細かいところへのこだわりを生地、縫製、染色、加工のすべての工程で尽くすことじゃないかと。だから従業員は全員日本人。気遣い、心遣いをこめて手作業でつくることにこだわります。

手作業でやることで品質は上がることがあると?

他の世界は分かりませんが、少なくともジーンズの世界においてはあると思っています。手染めの風合いは機械が出す色とはまた違いますから。

そのこだわりは履けば(着れば)分かるものですか?

その価値を求めている人には必ず分かるはずです。ただ、発見してくれるのを待つばかりではなくて、生産背景の物語をきちんと伝えていく仕組みを急いで作らないといけません。今は野菜でも何でもそうですよね。その価格で売られる理由が何かをきちんと伝えて、納得して買ってくださるようにする努力が必要です。言うのは簡単ですが、やるのはとても難しいのですがね。

では、その背景が詰まったノートを見せていただけますか?

はい。すごく簡単に言うとジーンズのレシピみたいなものですね。お客様から依頼を受けたら、まずテストをするのですが、そのテストデータを記録します。テスト後にサンプルを作ってOKが出たら、次に量産に入りますが、テスト時とは一度に染める量が違うので、薬品の量や時間も少し修正する必要があります。量産データを書くノートはまた別にあります。

注文ごとに染料の種類、染めにかける時間、洗いの回数や時間、その後の加工の方法などが書かれている。鉛筆を使うのは試行錯誤をする必要があるから。テストデータの記録と量産の記録はノートが分かれており、3~4人の職人さんが同じノートを使う。

やはりお客様ごとに少しずつ違いますね。

そうでしょう。染色と加工とそれぞれにかける時間の組み合わせは無限大ですね。ここはモノづくりの面白さでもあると思います。

一方で、データ記録ならばパソコンで管理した方がいいとは思いませんか?

全く思いませんね。余計に煩雑になるだけです。パソコンでやるデータ管理は見た目は整理されているように見えるけど、見えるだけで、「あの時のデータ、どれだっけ」と思った時に全然探せない。記憶と連動しないから。プリントアウトしてファイルしてもいいのかもしれないけど、だったら最初から紙に書いた方が早いです。

染色工場に置かれたたくさんのノート。ほぼノー10AN(セミB5サイズ、100枚)。取材時もまさに職人さんが新しいデータを書き込んでいた。

確かに何かのデータを探すときに一つずつクリックして開いて、見つからなくて、またクリックして、というのはイライラします。ノートをめくる方が早いです。

書く時に一緒に覚える感覚というのもあるでしょう?確か真ん中辺にあるはずだとか、隣のページはどうなっていたかとか。それも自分で書くから覚える。まぁ、そもそも、このノートは現場にあることに意味があるので、水を使う染色の現場にパソコンは置けないですからね。多分これから先もずっとノートを使うと思いますよ。

これからの目標はありますか?

やはり「メード・イン・ジャパンの価値」を世界中の一人でも多くの人に届けることですね。まだまだやれることがあると思います。「これしかない!」という考え方はいけませんね。今までのやり方に埋没するのもよくない。ちょっと目線を変えるだけで、いいものが生まれることもたくさんあります。

「いいもの」を作れば売れるでしょうか?

「いいもの」は売れます。ただし、買う人にとって本当に「いいもの」ならばね。作り手がいいと思うだけならば、それは「いいもの」ではなく「自己満足」。常に自分たちに対して「本当に買ってくれる人を思っているか」を問い続けないといけない。

そのために何かされていることはありますか?

ファッションを創り出すためには感性がいるんです。だから人間が関わらないといけません。再来年くらいに何が流行るかというアンテナをいつも張っていないと生き残っていくのは大変です。「ありそうでなかったもの」をいかにして見つけるかをいつも考えていますね。

周囲はとてものどかな田園風景ですが、どのように流行をつかむのですか?

ファッションだけを見ているのではなく、世の中がどう変わっていくかを見ようと思えば、情報はいくらでもあります。こだわるところと、こだわりを捨てて新しいことにチャレンジするところと、考え続けることですね。両方をうまくやっていきたいと思っています。

今日はお忙しい中、ありがとうございました。

(インタビュー@株式会社辺本様 事務所)

一覧へ戻る